All Your Baseの日記

モバイルアプリを開発しています。

Twitterのbotをたった5分で作る方法

f:id:ayb:20170513141744j:plain

こんにちは。今日はずっと雨が降っているので家に引きこもっています。まあ、雨が降っていなくても引きこもっていますけどね。

昨日、知人にTwitterのbotを作って欲しいと言われたので、久しぶりにbotを作ってみました。定期的につぶやき、リプライにランダムで返信するだけの簡単なbotです。

このレベルのbotであれば、特に知識がなくても、5分でTwitterのbotを作ることができます。この記事では、その方法を解説してみたいと思います。

twittbotを使ってTwitterのbotを作る

Twitterのbotを作るには、「twittbot」というサービスを使います。他にもbot作成サービスは存在しますが、今回はtwittbotを使いました。

twittbot - 簡単にbotを作成

twittbotにログイン

botにしたいTwitterのアカウントでログインした状態で、twittbotにアクセスします。そして、「LOGIN」と書かれたボタンを押して、Twitterにtwittbotを認証させます。

f:id:ayb:20170513140158p:plain

ツイートの登録

twittbotにログインできたら、botにつぶやかせたい発言を登録して生きます。今回使うのは、「つぶやき」と「ランダム返信」の二つの機能です。この二つを使えば、定期的なツイートとリプライに対するランダム返信が実現できます。

f:id:ayb:20170513140614p:plain

それぞれ、一行入力か複数行入力のどちらかで発言を登録するだけでOKです。一行入力の場合は、各発言を入力した後に「つぶやき追加」をクリックします。複数行入力の場合は、各つぶやきを改行で区切って入力します。

botの詳細設定

つぶやきを登録したら、詳細設定画面でbotの設定を行います。

f:id:ayb:20170513141133p:plain

発言をランダムにしたい場合は、「つぶやき順番」を「ランダムでつぶやく」にします。「つぶやき間隔」でbotのツイート頻度を設定できるので、ここは適当に設定しておきます。

まとめ

以上でTwitterのbotができました。botを作るのに必要な時間は、おおよそ5分くらいです。

twittbotのプレミアム機能を使うとさらに高度なbotが作れるので、興味がある方はチャレンジしてみてください。